空と雪と葡萄色

PC版スカイリムの妄想ロールプレイ日記置き場

スポンサーサイト 

動作確認 

ウェイトの調整に一ヶ月かかりました。大部分は着物の裾部分の修正です^^;完全なものを目指していたら完成しそうにない…ので、なんとか妥協できる程度まで仕上げて終了。_1.nifはちゃちゃっと作って早速踊らせてみる…w大体こんな感じで動きますよ~という動画です。無編集なので見苦しくてすみません。無駄にHD画質です。当然ながら袖はヒラヒラしません。HDT化できる技術があればまず髪を揺らしたいです。家の人(非オタ)にこ...
Read More

22話 - オラフ王の焚刑祭(2) 

明け方。雨も止み、私達はソリチュードへの帰路についた。「この詩歌集で、エリシフ首長を説得できたらいいけどな。まあ、校長のことだから上手くやるとは思うが」「14日の祭の日に間に合いそうで良かったです」「そうだな。晩餐会から戻って来たら一緒に見に行こう」「ええ」しばらく街道を歩いていると、急にロードが立ち止まって剣を抜いた。「…メルヴィナ。下がっていろ」「え?」草むらから姿を見せた人影は、敵意を持って武...
Read More

21話 - オラフ王の焚刑祭(1) 

ホワイトランでルーシスと別れ、ロードと二人馬車でソリチュードへ出発。途中馬を休ませながら進み、ソリチュードに到着したのは夜も遅い時間だった。そのまま宿屋ウィンキング・スキーヴァーに泊まり、朝まで眠った。「おはよう。よく眠れたか?」「おはようございます。ええ、もうぐっすりと」ロードと朝食をとりながら、晩餐会までの間どうするか予定を立てる。「ずっと休みなく移動したり戦ってきたりだろ?晩餐会はまだ先だし...
Read More

20話 - 闇に眠る刀剣(3) 

イヴァルステッドから馬車で来たので、予定よりもずっと早くリバーウッドに到着した。前方からハドバルが歩いてくる。「おお!メルヴィナじゃないか、リディアも。頻繁に会うな、よほどリバーウッドが気に入ったか」「ハドバル、お変わりなく。巡回ご苦労様」「リディアも真面目に従者を務めてるな、結構」「そうだ、メルヴィナ。ロードならゆうべから宿屋にいるぞ。待ち合わせしてたんだろう?きっと今頃酒でも飲んで待ちわびてい...
Read More

19話 - 闇に眠る刀剣(2) 

ハイ・フロスガーに到着した。祈りを捧げているアーンゲールに声を掛ける。「アーンゲール師。ただいま戻りました」角笛を手渡す。「ほう!ユルゲン・ウィンドコーラーの角笛を手に入れたか。よくやった。これですべての試練に合格だ」「良かったな、メル」ルーシスと目を合わせ笑う。「私と来い。お前をドラゴンボーンとして正式に認める時が来た」アーンゲールは立ち上がると広間へ歩いていった。私達も後へ続く。広間には他のグ...
Read More
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。